2009年4月24日 (金)

台湾男そば

「男そば」フリークのAPです。

先日営業に出かけようとしたところ、後輩が「天白区方面に行きたいんで同行させてもらっていいスか?」。私も天白に用事があったので同行することに。

車に乗るなり彼曰く「男そば行きたいです。」なるほどね、そう言えば以前彼にも「宣伝」したっけ。天白に同行することになった時点で「男そばモード」になったそうな。

というわけで久々の「男そば」へ。

ホントは「汁なし」食べたいんだけどニンニクがネックになって注文できないし、ここはレギュラー「男そば」にするか…すると筆頭(店長の名刺にはこうある)が「台湾って食べましたっけ?」ん?新メニュー?そういえば以前そんなのを出す予定があるって言ってたような。よし、それを注文しよう!

で、出てきたのがこれ。

P1070245_2

台湾ラーメンの具といえば、炒めた挽肉とニラが定番。

この「台湾男そば」はさらにモヤシと刻みタマネギがトッピングされ挽肉のボリュームもすごい!

具をよく混ぜて頂きます。メチャうまい!

確認せずに注文してしまいましたが、ニンニクは入っていません。辛さも程よい感じで見事「完食」。

ライスにスープと挽肉を乗っけるのも絶対「アリ」!だと思います。さらに半熟卵を乗っければもはやパーフェクトかと。

今度やってみよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

S.H.C.

本日ついに「S.H.C」にトライしてきました!!
「S.H.C」とは「汁無しハードコア」の略。
昨年10月に当ブログでご紹介した「男そば 連獅子」の限定メニューです。
「男そば」はやや個性的ながら、APの最近イチオシのお店です。
レギュラーメニューの「男そば」も美味しいのですが、私のお気に入りは「汁無し」!
むちゃくちゃ美味いっすよ~!
ただこの「汁無し」一つだけ“欠点”がありまして。
ニンニクが結構入っているため仕事中にこいつを食べると午後からの営業に支障をきたすのです…
「汁無し」でこうなのですから、ましてや「汁無し」のグレードアップ大盛りバージョン
「S.H.C」などは休日にしか食べられません。
昨年末には、と思いつつ、なかなか行くことができずにようやく今日めでたく挑戦の運び
となりました。さあ、ニンニクにまみれよう!!

ワクワクしながら待つこと約10分。出てきたのがこいつです。

P1060678

350グラムの麺(レギュラー汁無しは200グラム)がほぐしチャーシュー、キャベツ、玉ねぎ、ニンニク、背油、海苔などで覆い尽くされて見えません。
なるほど、「闘うメニュー」と言うだけのことはありそう。
こいつをよくかき混ぜて食べるのですが、麺も具も一杯で最初はうまく混ざりません。
でもそれが適度なムラとなり場所ごとに味の変化を楽しめました。
後半になると十分に混ざった「S.H.C」を堪能し、一気にフィニッシュ。

350グラムの麺なら楽勝だろうと当初は軽く見ていた「S.H.C」。
完食はしたものの、これだけの具を一緒に食べると意外にボリュームありました。
「S.H.C」征服者は次回から麺を350グラム以上で指定できるという特典が付きます。
さて次回は何グラムでトライしようかな?

夕方妻を迎えに行ったところ、車に乗るなり「臭っ! 息するな!!」と言われたAPでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

男そば 連獅子

久々の更新です。
先週突然インターネット接続不可能になるという状態になってしまい、更新はおろかネットの閲覧自体ができなかったのです。
もっとも接続していても更新は滞りがちではあったのですが。

さて、最近ハマっているラーメン屋さんがあります。
名古屋市天白区にある「男そば 連獅子」。
「男は黙って男そば」との店のコピーにもあるようにメニューは「男そば」(税込 850円)。
多めのモヤシと、サイコロ状のチャーシュー、海苔がトッピングされています。
「噛む麺」がコンセプトというだけあって麺は太目のプリプリ麺。
これがスープに合う。
スープは見た感じこってりめなのですが、一面に振りかけられた黒コショウで中和されるのか意外にこってりさを感じません。おそらくコショウの量も計算されているのでしょう。
味噌ベースらしいのですが、何というかどこか焼肉のタレを思い起させるような味わい。
「もう一口」とついつい飲んでしまいました。

P1050695

P1050703 850円という価格はやや高めな感じもしますが、「男そば 学生」(税込 700円、内容多分同じ)なる学生向けメニューもあるため学生さんには嬉しい。

さらに今ハマっているのが「男そば 汁なし」(税込 850円、限定10食 上画像右)。
モヤシ、玉ねぎなどのトッピングに覆われて麺が見えません。
半熟ゆでたまごを潰しつつ混ぜ混ぜして食べると…これが美味い!
「男そば」に比べて手間もかかっていますし、ボリューム感もあります。限定にしてるのも頷けます。
今度はご飯と一緒に食べてみたい。
「うまい、うまい」と野菜の切れ端も残すことなく「完食」したら、それを見た店長が「今度はS・H・C注文して下さいよ」。

「S・H・C」とは「汁なしハードコア」の頭文字。「男そば 汁なし」の大盛りバージョン?(税込 1,000円、限定5食)
店長曰く「食べる」のではなくて「闘う」メニューとのこと。
麺が伸びてしまうので基本的にラーメンの大盛りは注文しないAPですが、汁なしタイプなら一回トライしてもいいかな、と。
野菜も沢山摂れそうですしね。
トライした暁には戦果と画像をアップしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

赤霧島

先日購入した「赤霧島」を開けました。

あるお店でお湯割で飲んだのがこの焼酎との最初の出会い。以来機会があればお湯割で注文してきました。

が、自分の周りにはこの焼酎はロックか水割りで、という意見が大多数。お湯割であれだけ美味い焼酎なんだから、本来の?飲み方で飲んだらどれだけ美味いのだろうかと期待に胸をときめかせながらロックで飲んでみました。

…美味いことはたしかなんだけど、なんだかパンチがない気がしました。姉妹品である「黒霧島」に比べてもあまり香りがしないぞ。

その前に購入した「海」も大海酒造の営業の方曰く「絶対ロックがおススメ!」でした。お湯割にすると香り過ぎるとのこと。でもこいつも私はお湯割で飲んだ方が美味いと思いました。もしかしたら思い切り芋の香りが前面に出てくる焼酎が好きなのかもしれません。

あくまで自分の好みの問題なので、お湯割だろうがロックだろうが自分の美味いと思う飲み方で楽しめばよいのでしょうが、これからの季節やはりロックで楽しみたいもの。

自分が「ロック向け」と思う焼酎をまた探さないと(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

れもん

最近「名鉄ネタ」続きでAP通信に「赤」が溢れて(この間に買った焼酎も「赤」霧島!)いたんで今日は違った色で(笑)。

知り合いからこんなものを頂きました。

P1020971 P1020973

レモンのお酒「れもん」。

日本酒に和歌山産のレモン等を加えたリキュールです。

なんだか飲みやすそうなお酒です。

しかし焼酎は大丈夫ですが、日本酒はからっきしダメな私としては、いかにレモンが加わっているとはいえ悪酔いしないだろうか?という不安が少々…

妻と水割り(水やや多め)にして飲んでみました。レモンが効いててサッパリとした飲み口。これは美味いわ。私よりも、お酒は殆ど飲めないはずの妻のお気に入りになりました。

知り合いによると注文してもなかなか購入できない結構「レアもの」だそうな。

興味のある方はこちら↓へ。

http://www.tsuru-ume.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

赤霧島

ついにゲットしました!「赤霧島」。

先月「黒霧島」を購入して以来酒屋さんの店頭に並ぶのを待っていたのですが、うまい具合に購入することができました。

ムラサキマサリという芋を使った焼酎で、たまたまあるお店で飲んで以来ファンになったのです。あ~早く飲みたい!

でもこの間「海」を買ったばかりだし、「黒霧島」も少々残ってるので、こいつを開けるのはもう少し先の楽しみにしよう。

P1020912 P1020919

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

某百貨店のお酒売場にて焼酎の販売会が開催されていました。

販売されていたのは大海酒造の焼酎!

ちょうど次の焼酎を、と思っていたところでしたので迷わず買ってきたのがこれ。

「海」。青いボトルが海を連想させます。

販売していた大海酒造の方によると、こいつはロックか水割りがおススメとのこと。

早速ロックで飲んでみました。こいつもうまい!今まで飲んだ大海の焼酎に比べるとクセが少なくスッとキレていく気がします。

お湯割でも試してみたくなったぞ。

また楽しみが一つできました。

P1020858

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

黒霧島

晩酌用焼酎「4本目」は霧島酒造「黒霧島」。

P1020555 P1020559

あれこれ買ってるとキリがなさそうなので、とりあえず大海酒造シリーズ以外は手を出すまい、と思ったのについ買ってしまいました。

以前頂いた同「赤霧島」という焼酎が非常に美味かったので販売店を探していたところ、こちらは季節限定でしかもかなりの人気銘柄ということが分かりました。「赤」がそんなに人気あるなら「黒」の方も美味いに違いない?だろうと近所の酒屋で購入。

早速お湯割で飲んでみました。これは美味い!! トロっと口の中に入ってきた後に焼き芋の香りが口の中いっぱいに広がって、後味も良いぞ。

「赤霧島」も美味かったけどこいつもかなり美味いと思います。良い買い物でした。

ちなみに「赤霧島」は今月下旬から酒屋さんの店頭に並ぶようです。こちらもゲットできればなぁ。

晩酌の肴にチャーシューを久々に作ってみました。我ながら上手に出来ましたよ。

P1020561

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

全国有名寿司展

名古屋市内の某百貨店で本日より「全国有名寿司展」が始まりました。
毎年楽しみにしてる催事です。
今回も覗いてきましたよ。
中でも目に付いたのは「鯖のお寿司」。
京都「いづう」をはじめ「空弁」で有名になった福井の焼き鯖寿司など、
鯖をメインにしてるお店が5,6店はあったと思います。
そんな中APが購入したのは長崎「平野屋」五島の鯖を使ったお寿司。

P1010763
8切れ入って1,500円也。
ご覧のように鯖の身が厚い!脂もそこそこ乗っていて美味かったです。

「全国有名寿司展」は2月4日までの開催。
地元の方一度覗いてみてはいかが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

新焼酎?

先月25日に買ってきた「大海綾紫」がもう残り少なくなってきました。
というわけで次に買ってきたのは「くじら 新焼酎」(画像中央)。

P1010600
こいつもくじらマークが目印ですが、「縦くじら」になってます。
それにしても「新」焼酎って何だろう?
早速晩酌にデビューさせました。
今までの2本よりやや辛口。
で喉を通る直前に何かは思い出せないけど一瞬香ばしさが。
最近いつもお湯割で飲んでましたが、何となくこいつはロックとかの方が良い気がする。
明日はロックで試してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧